ハッセルブラッドがX1D用の3本の単焦点レンズを発表

ハッセルブラッドが、中判カメラX1D用の3本の単焦点レンズ「XCD80mm F1.9」「XCD65mm F2.8」「XCD135mm F2.8」を発表しています。

Hasselblad announces three XCD lenses, including its fastest lens ever

  • ハッセルブラッドは、X1D用の3本の新しいレンズ(XCD80mm F1.9、XCD65mm F2.8、XCD135mm F2.8)とテレコンバーターを発表した。これで、XCDレンズは合計で9本になり、21mmから230mmの焦点距離(135換算で16.6mm~178mm)をカバーする。
  • XCD80mm F1.9は、これまでのハッセルブラッドのレンズで最も明るいレンズだ。このレンズは優れた面精度により滑らかなボケを、そしてツインモータードライブにより素早いAFを実現している。レンズ構成は9群14枚で、重さは1045グラムだ。
  • XCD135mm F2.8 は専用の1.7倍のテレコンと共に発表され、テレコン使用時には230mm(換算178mm)になる。
  • いずれのレンズにもレンズシャッターが内蔵されており、1/2000秒でシンクロが可能だ。
  • 希望小売価格は80mm F1.9が4845ドル、65mm F2.8が2750ドル、135mm F2.8が4050ドル(テレコンバンドルで4845ドル)、発売は2018年12月。

hasselblad_3xcdlenses_20180925.jpg

富士フイルムは新型GFXやGFレンズの新しいレンズロードマップを発表しましたが、ライバルのハッセルブラッドも負けていませんね。元記事にレンズのサンプル画像が掲載されていますが、80mm F1.9 はボケが綺麗でなかなか魅力的なレンズという印象です。

2018年9月27日 | コメント(2)

コメント(2)

80mmF1.9がレンズシャッターを採用したのは凄い。
しかも1/2000秒でちゃんと作動するってのは快挙でしょう。

35換算で50mmになる65mmは高いのかなぁと思ってたけどXCD45mmと同じでXCD内では最安値なのね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2018年9月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コダックがエクタクロームE100の出荷開始をアナウンス」です。

次のブログ記事は「ニコンZ7はボディの小型化を優先してシングルカードスロットを選択した」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る