タムロン「17-35mm F/2.8-4 Di OSD」はこのクラスでベストの光学性能

ePHOTOzine に、タムロンの新しい一眼レフ用の広角ズーム「17-35mm F/2.8-4 Di OSD」のレビューが掲載されています。

Tamron 17-35mm f/2.8-4 Di OSD Lens Review

  • このレンズは460グラムと非常に軽く、比較的コンパクトだ。鏡筒の造りは良好で、全ての操作部は滑らかに動く。
  • 最短撮影距離は28cm、最大撮影倍率は1:4.9で、広角ズームとしてはまずまず寄れる。
  • AFモードではマニュアルフォーカスはできず、単純にAFかMFかを選択することになる。
  • OSD(Optimised Silent Drive)によるAFは静かで速い。
  • 17mmの中央の解像力は開放からF11まで素晴らしい値(excellennt)だ。隅は立ち上がりが遅く、開放では良好な値(good)でF4でとても良好な値(very good)、F5.6からF11までは素晴らしい値(excellent)になる。

tamron17-35f28-4_mtf17mm.jpg

  • 20mmでは、中央は開放からF11まで素晴らしい値(excellent)で、隅は若干改善し、開放とF4でとても良好な値(very good)、F5.6からF11では素晴らしい値(excellent)になる。

tamron17-35f28-4_mtf20mm.jpg

  • 24mmでは、20mmと同様のパターンで、中央は開放からF11で素晴らしい値(excellent)だ。隅は開放からF4はではとても良好値(very good)で、F5.6からF11では素晴らしい値(excellent)だ。

tamron17-35f28-4_mtf24mm.jpg

  • 35mmでも解像力は良好に維持されており、中央は開放からF16で素晴らしい値(excellent)で、隅は開放からF8までとても良好な値(very good)、F11では素晴らしい値(excellent)で、24mmよりも多少低下するものの良好な性能だ。

tamron17-35f28-4_mtf35mm.jpg

  • 倍率色収差は、ズーム全域で中央も隅もとても素晴らしく、問題になることはないだろう。
  • 歪曲は17mmでは-3.74%のタル型で、建築物では目立つが後処理で補正可能だ。20mmでは-1.61%の穏やかなタル型になり、24mmでは+0.23%、35mmでは+1.46%の糸巻き型になる。
  • 逆光耐性はとても良好で、画面内に太陽が入った場合でさえ、いくらかゴーストが見られるだけで、コントラストは大きくは落ちない。広角ズームとしては、この逆光性能は素晴らしい。
  • ボケは小口径の広角レンズではそれほど問題にならないが、後ボケは十分に満足行くものだ。
  • 周辺光量落ちは17mm F2.8で-2.2EV、35mmで-1.2EVだ。
  • このレンズの全体的な光学性能は非常に高く、このクラスのレンズの中では明らかにベストのレンズだ。
  • タムロン17-35mm F/2.8-4 Di OSDには手ブレ補正やフルタイムマニュアルフォーカスなど、いくつか搭載されていない機能があるが、光学性能の点では非常に素晴らしいレンズだ。価格がとても手頃なことを考えると実に魅力的で、もし機能やスペックが目的に合うなら、このレンズを大いに推薦する。
  • 良い点:素晴らしい解像力、全域で良好に性能が維持されている、色収差が少ない、フレアが少ない、防滴、高速なAF、軽量コンパクト。
  • 悪い点:距離目盛りや被写界深度目盛りがない、手ブレ補正が無い、AFモードでフォーカスの調整ができない。

 

17-35mm F/2.8-4は比較的安価で軽量なレンズですが、光学性能は優秀でコストパフォーマンスはとても高そうですね。解像力は広角端の開放時の隅だけ若干甘くなりますが、それでも「good」に届いているので大きな問題はなさそうです。

サンプル画像では、解像力は十分で、加えてボケも綺麗なレンズという印象です。発色はタムロンらしく温かい感じですね。

2018年10月 8日 | コメント(2)

コメント(2)

ニコン18-35から買い替えたいけど、手ブレ補正がないのが残念。
おかげで、物欲は抑えられますが。

超広角で逆光に強いのは魅力ですね。
小型軽量なので、散歩用にも良さそうです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2018年10月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS Rのマルチファンクションバーは現時点では役に立たない機能」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX-T3は低感度の画質は改善されているが高感度ノイズは増えている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る