キヤノンの300mm F2.8と400mm F2.8のDOレンズの特許

Canon Newsで、キヤノンのDOの超望遠単焦点レンズの特許が紹介されています。

Canon Patent Application: DO Supertelephotos

  • DOレンズに関するもう1つの特許(特開2018-189878)が現れた。この特許出願では、300mm F2.8と400mm F2.8のDOレンズの実施例が記載されている。

    この特許は、おそらく、DOレンズを使用したRFマウントの超望遠レンズの噂に関連しているが、超望遠レンズの場合、バックフォーカスが非常に長いので、このレンズはEF用に造られている可能性もRF用に造られている可能性もある。
  • 400mm F2.8 DO
    - 焦点距離:392.58
    - F値:2.91
    - 半画角:3.15
    - 像高:21.64
    - 全長:363.53(※前玉からセンサーまでの長さ)
    - バックフォーカス:59.15
  • 300mm F2.8 DO
    - 焦点距離:293.40
    - F値:2.91
    - 半画角:4.22
    - 像高:21.64
    - 全長:274.00(※前玉からセンサーまでの長さ)
    - バックフォーカス:59.35

canon_patent_2018189878.jpg

キヤノンの現行の400mmのDOレンズはF4で、超望遠のLレンズとは棲み分けていましたが、今後はLと同じ300mm F2.8や400mm F2.8クラスのDOレンズも投入するつもりなのかもしれませんね。

それから、以前に参考出品されたDOのLレンズ「EF600mm F4L IS DO BR USM」がどうなっているのかも気になるところです。

2018年11月30日 | コメント(4)

コメント(4)

超望遠レンズだとミラーレスによる小型軽量化のメリットはないということですね。かりにRFだとしても、初めから4センチぐらいの上げ底をしているような感じかな。

いくらボディが軽量化したところで、結局重量のある望遠系とはかえって重心的に相性が悪くなってしまいますしね。
回折素子は軽量化に大いに有利に働きますし、最大の弱点である逆光耐性さえ何とかなれば、ボディ内手振れ補正と相俟ってレフ機以上に活躍を期待できる望遠レンズが生み出されそうな気がしますが…

新型のロクヨンとヨンニッパは軽量化だけでは無く、
重心を手前へ寄せてきました。
将来へ充分配慮している予感がします。
DOレンズは直進性の強い光源にめっぽう弱いので、
照明やヘッドライトとの闘いが現状です。

DOレンズ・PFレンズは神経質にならなければ余程酷い逆光でもなければ使えますが、上の方の言うとおり強い光源には厳しいものがありますね。特に昨今増えているLEDは天敵です。

ソフトでやるか光学的に克服するか。何れにせよこのてのレンズの問題点はこの点ぐらいでしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログ記事について

このページは、2018年11月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Samyangが「XP35mm F1.2」を正式発表」です。

次のブログ記事は「パナソニックは2020年までに8Kフルサイズカメラを発表する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る