富士フイルムが「GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR」を正式発表

富士フイルムが、中判カメラGFXシリーズ用の望遠ズーム「GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR」を正式に発表しました。

フジノンレンズ GF100-200mmF5.6 R LM OIS WR

  • スーパーEDレンズ2枚と非球面レンズ1枚を含む13群20枚構成で、色収差や像面湾曲を徹底的に抑制
  • CIPA準拠で5.0段分の手ブレ補正性能を発揮。
  • 鏡筒の10か所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。
  • 焦点距離を1.4倍に拡大する高性能テレコンバーター「GF1.4X TC WR」との組み合わせで、140mm-280mm(35mm判換算:111-221mm相当)の焦点距離をカバー。
  • 発売時は2019年2月14日、希望小売価格は27万1500円。

fuji_gf100-200f56_of_001.jpg

噂通り、富士フイルムGFX用の望遠ズームGF100-200mmF5.6が正式に発表されました。このレンズは、中判用の望遠ズームとしては比較的コンパクトにまとまっていて、手ブレ補正も付いているので、手持ちで振り回すこともできそうですね。

現在、富士フイルムは非常にコンパクトなGF50mm F3.5も開発しているので、これらのレンズとGFX50Rを組み合わせれば可搬性の高い中判システムを構築できそうです。

2019年1月17日 | コメント(5)

コメント(5)

テレコンは最短撮影距離が変わらないので
望遠接写で中伴のトロ味を生かせば
写真好きには堪らない仕上がりになりそうですね

意外に安いですね。
びっくりしました。

思ったより軽く安く、良いレンズのようですね。
一方、2019年のレンズはあとGFX50mm F3.5だけでしょうか。
たくさん出るマウントではないのでしょうが、少し寂しいのでロードマップに今はないレンズを期待してしまいます。やはり広角ズームを…。

GFXを持っているのですが、中望遠ズームが今まで無くて、ペンタ645のレンズを使っています。このレンズ思ったより価格が安くて風景中心の私にはF5.6で十分なので、これは買いますね。

素朴な疑問ですが、中判用ズームレンズは焦点域の幅が2倍までしか作れないのが不思議です。
中判センサーの大きさゆえなのだろうとは思いますが、
例えばセンサー面積比だとAPS-Cとフルサイズの方が遥かに大きな差があるのに
同じ換算焦点域かつ同じ明るさのズームレンズを当たり前に作れてます。
何か中判だけの特別な課題などあるのでしょうかね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2019年1月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX-T30の発表は2月14日?」です。

次のブログ記事は「ニコンが海外で「COOLPIX A1000」と「COOLPIX B600」を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る