キヤノンのフルサイズミラーレス用の「100-400mm F4-5.6」「70-300mm F4-5.6」「50-250mm F4-5.6」の特許

Canon News で、キヤノンのフルサイズミラーレス用の望遠ズームの特許が紹介されています。

Canon Patent Application: Canon RF 70-300, Canon RF 100-400

  • この特許出願(特開2019-020679)のレンズは間違いなくRFマウント用で、実施例は70-300mm(おそらくコンシューマーグレード)、100-400mm、50-250mm(おそらくコンシューマーグレード)だ。
  • RF100-400mm F4-5.6
    焦点距離:102-21-389.86
    F値:3.83-5.85
    半画角:11.95-3.18
    像高:21.64-21.64
    全長:204.85-291.30(※前玉からセンサーまでの長さ)
    バックフォーカス:4.31-97.49
  • RF70-300mm F4-5.6
    焦点距離:68.25-288.22
    F値:4.16-5.83
    半画角:17.59-4.29
    像高:21.64-21.64
    全長:168.24-207.81(※前玉からセンサーまでの長さ)
    バックフォーカス:12.70-79.58
  • RF50-250mm F4-5.6
    焦点距離:51.80-241.22
    F値:4.04-5.77
    半画角:22.67-5.13
    像高:21.64-21.64
    全長:136.91-210.70(※前玉からセンサーまでの長さ)
    バックフォーカス:11.36-42.48

 

100-400mmはLレンズで、70-300mmと50-250mmは非Lレンズの可能性が高いようですね。レンズのサイズは、フランジバックの20mmを引いて考えると、100-400mmはEF版よりも若干小さく、70-300mmはEF版(非L)とほぼ同等、50-250mmはEF-S版よりも若干大きい程度ようです。

50-250mmはEF-Sレンズと同じ焦点距離ですが、像高から明らかにフルサイズ用ですね。初期EFレンズに存在していた50mmスタートの望遠レンズが復活するのでしょうか。

2019年2月 8日 | コメント(9)

コメント(9)

24mmスタートのズームは、これ1本でとなら便利ですが
広角ズームと被る長さが多く70mmからの望遠ズームは
広角、標準、望遠の3本持ちになるので50mmスタートは
2本持ち、余裕があれば2台のボディーに各々を着けてで
行けるので有って良いと思います。
流石にボディー3台はしんどいので。

24-240も含めて純正の便利ズームが増えるのは嬉しいですが、50-250の写りの方が良いはずですし70-300と写りに大差なければ、50-250がいいです。高画素化に伴い、望遠側もトリミングで対処しやすくなりましたし。

50-250は超広角ズームと組み合わせれば、標準ズーム無しで動くことも出来ますね。
フルサイズ対応でEF-Sより少し大きい程度なら、とても使いやすそうです。

フルサイズミラーレス用の望遠レンズが3本出ると面白いですね。安い望遠レンズはライバル会社ではないのでRFマウントの強みになりそうです。特に50-250mmは唯一の存在になりそうです。

これらがそのまま製品化されるとしたらキヤノンの怒涛の攻めですね。
求められているものをスピーディーに提供する。
素晴らしい戦略と開発力です。

次々と楽しみなレンズ開発ありますね、すべてのレンズが発売されるとは思いませんが、ミラーレスでボディ軽量化したのでレンズがどれだけ重量を軽くできるのか、Canonの底力を見てみたいですね。

8本でる!と言うことで、リークに無かった3本はコレらでしょうか?
50-250が人撮るのに良さそうかなぁ…と気になっております。
単焦点レンズはそこまで急務ではないと踏んだのかな?
(85あるし35あるし)
とっても楽しみになってきました☆
(貯金…)

色々と、出てきそうですが、100-400となれば、テレコンはいつ頃出てくるかが気になります。

今、EFの100-400を考えていて、ミラーレスに100-400をつける場合、2倍のテレコンも使えるとの事でEF100-400を買ってしまいそうです。

100-400mmのワイド端のBFが4.31mmってすごいですね。
このまま商品化されるんでしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年2月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルム「X-T30」の画像」です。

次のブログ記事は「ニコンの映像事業は2019年3月期Q3は減収減益」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る