キヤノンが2020年に6本から8本のRFレンズの発売を計画している?

Canon Rumors に、キヤノンが2020年に発表するレンズに関する噂が掲載されています。

The 2020 RF lens roadmap, up to 8 new lenses coming in 2020

  • RFマウントレンズの2020年の大まかなロードマップが、限られた人に示されており、現在、2020年中に6本から8本のRFレンズの発売が予定されているということだ。

    これらのレンズの中には、F4のズームレンズ群があり、おそらく、最近の特許のいくつかが手かがりになるだろう。

    来年に少なくとも1本の「こんなこともできる」というクレイジーなレンズも登場するだろう。

    少なくとも1本の大口径のLの単焦点レンズと、2本の非Lレンズ(このレンズがズームなのか単焦点なのか、その両方なのかは現時点では分からない)も登場する。RFのティルトシフトレンズやマクロレンズに関する情報は、まだない。

 

キヤノンは、開発発表されている6本のRFレンズを今年中に発売する計画ですが、来年も6本から8本のRFレンズの発売が予定されているということなので、これからしばらくは、かなり速いペースでRFレンズがリリースされそうですね。

来年はF4ズーム群の登場が示唆されているので、小三元ズームが揃う可能性が高そうです。

クレイジーなレンズは、28-70mm F2のような極端なスペックを持つレンズのことだと思いますが、ことによると、特許が出願されていた14-21mm F1.4のようなレンズが製品化されるのでしょうか。

2019年4月27日 | コメント(2)

コメント(2)

怒涛のRFレンズ投入は凄いですね、キヤノンがフルサイズミラーレスを周到に準備してきた証でしょう。

そしてRFマウントはフルサイズ専用高品位システムとしてソニーEマウントとは違うんだというのを戦略にしていくのだろうと思います。

元々EFマウントも35㎜フォーマット専用でしたから、原点に戻って再定義したのがRFシステムだということにして、今後登場の主力機はことごとくフルサイズなのかもしれません。


ギズモードジャパンのメーカー4社(Canon, NIkon, Sony RICHO)のインタビューに載っていましたが、マウント設計からではなく、レンズ設計を行いそれに最適化するマウントを設計したようですね。だからこそのこの勢いなのでしょう。

心配なのはボディ内手ぶれ補正を求めるユーザーが多いことです。おそらく前々から設計していたレンズ群なのでどれもレンズ内手ぶれ補正を前提としているでしょう。同じ焦点距離、F値のレンズは間違いなく他社が軽くなるはずです。開発コストも安く済むはず。
ボディとレンズの協働補正は望遠域以外はいらない機能だと思うので早い段階でのボディ内手ぶれ補正への移行を行わなければいけないと感じます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年4月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンZ6/Z7の瞳認識対応ファームは5月16日にリリース?」です。

次のブログ記事は「キヤノンが近日中に新型のPowerShotかEOS Mを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る