コシナが国内で「Otus 1.4/100」を正式発表

コシナが、一眼レフ用の中望遠単焦点レンズ「Otus 1.4/100」の国内での発売予定と価格を発表しています。

Otus 1.4/100 The telephoto lens

  • Otus1.4/100は、極めて優れたイメージング性能と高い製造品質により、このクラスで最も優れたレンズの1つ。f1.4の開放でも最高レベルのディテールと解像度で卓越したイメージング性能を発揮し、ミディアムフォーマットにも匹敵する写真表現を生み出す。非球面レンズと特殊ガラスを使用したアポクロマートレンズ設計は、考えられるほとんどすべての収差を抑制する。
  • 希望小売価格は税別63万円。2019年6月発売予定。

zeiss_otus_1.4-100_of_001.jpg

先日の噂通り、Otus 1.4/100の国内での発売がアナウンスされました。このレンズがどのような画を見せてくれるのか、また、ライバルのニコンやシグマの100mm F1.4と比べて、どのような違いがあるのか興味深いところです。なお、店頭価格は、最安値で約58万円となっています。

2019年5月17日 | コメント(4)

コメント(4)

Nikonが皮切りに100mmf1.4という分野が確立していますね。その中でOtusの登場。ハイエンドの中での性能比較が気になります。ただしお値段も60万越えという未知の領域ですね。

公開されているMTF曲線はツァイスの場合は量産試作品の実測値です。他のメーカーの場合は設計値です。量産試作品であっても設計値と実測値では10%程度実測値の方が下がるものですが、そのMTF曲線を見れば、文句のつけようが無い程、見事なものです。今までの28、55、85の各オータスレンズも素晴らしいですが、それらより、明らかにひとクラス上の数値です。おそらく、AFやブレ防止を入れたらこれだけの性能は無理でせう。このレンズの性能を活かすにはカメラも選ばなければならないし、ピントの追い込み精度まで求められる程の超弩級の超高性能レンズです。使用にあたっては価格も考えれば気楽に使えるものでは有りませんが、是非一度挑戦したいレンズです。

55、85をNikonの公式マウントアダプターを介してZ7で使用しています。
Otusの光が詰め込まれたような描写は、Zマウントの単焦点レンズにも存在しないタイプの物です。色収差レンズを多用している効果でしょう。
オートフォーカスタイプは指定したポイントに瞬時にピントを合わせますが、マニュアルフォーカスタイプは焦点の寄り道から出会う光景の醍醐味があります。
また、その価格の高さからブランド料だけの代物だと勘違いされる事もありますが、Otusは被写体をドラマチックに魅せてくれる効果があります。
高い買い物でしたし重いですが手放せません。今度の100mmは既に各社から出ている焦点距離ですが、Otusらしい、非球面レンズを最小限にした硬すぎず遠景まで透き通り濃厚な描写を期待しています。

ヨドバシで早速フォトレビューが来てますねhttp://photo.yodobashi.com/canon/lens/otus14_100/


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2019年5月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コシナが「NOKTON 21mm F1.4 Aspherical」を正式発表 」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが5月23日にGマウントレンズのロードマップを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る