Venus Opticsが「LAOWA 100mm F2.8 2:1 macro APO」を正式発表

Venus Optics が、最大撮影倍率2倍のマクロレンズ「LAOWA 100mm F2.8 2:1 Ultra Macro APO」を正式に発表しました。

Laowa 100mm F2.8 2:1 macro lens (DPR)

  • Venus Opticsが昨年のフォトキナで展示されたLAOWA 100mm F2.8 マクロを発表した。このレンズの価格は449ドルで、今月の終わりに発売開始される。このレンズは、最大撮影倍率が2倍で、同じ撮影倍率の同社の60mm F2.8マクロとともに他にはないマクロレンズのラインアップとなっている。
  • キヤノンEF、ニコンF、ソニーFE用が発売され、マウントごとに仕様に若干の違いがある。キヤノン用は電子接点が搭載されており、電子絞りをボディからコントロール可能で、EXIFデータも記録される。絞り羽根は、キヤノン用が9枚羽根で、ニコン用は7枚羽根、ソニー用は13枚羽根が採用されている。
  • LAOWAは、このレンズは色収差の抑制に力を入れており、ピント面付近だけでなく、深度の外側の色収差の抑制にも力を入れていると述べている。
  • 三脚座はオプションで30ドルで用意されている。

laowa_100f28macro_of_001.jpg

LAOWAの100mmマクロは、最大撮影倍率が2倍と他にはないスペックで、価格も安価なので、魅力的な選択肢になりそうです。

LAOWAで初めて電子接点が搭載されたのは朗報ですが、現在はEFマウント用のみのようで、できれば他のマウントでも電子接点を採用して欲しいところです。あと、マウントごとに絞り羽根の枚数が異なるのは面白い仕様ですね。

2019年5月10日 | コメント(10)

コメント(10)

貧乏性のせいか、価格が同じなのに絞り羽根が少ないと損した気分になっちゃう。
マウントによって最適な絞り羽根数ってあるんでしょうかね?

FEマウントには電子接点が搭載されないとのことで残念です。
手元にMC-11があるので、EFマウント用を購入してExifに反映されるか試してみたいと思います。

マクロ撮影はMFのほうが、むしろ使いやすいので良いのですが、ソニー用は電子接点ありませんか。。
Eマウントは情報がオープンなのでむしろ簡単なのかと思っていましたが、EFマウントのほうが簡単なんでしょうか?
それとも現在の出回っている台数的に優遇されたのかな?
それほど電気には強くないと言われてたので、順番に研究していくという感じでしょうか。

Laowaの60mmマクロ持っています。APS用と謳っているとおり、フルサイズではわずかに周辺減光があります(でも十分使える)が、今回はフルサイズ用として出てきたのでそうした問題はないでしょうね。

単にレンズ情報だけでなく、EFは電磁絞りでAEが効く様ですね。絞り枚数は電磁絞りとの関係かとおもったのですが、Fマウントが少ないのは判りませんが。

絞り羽根枚数がマウントごとに違う点,確かに不思議です.
マウントごとにスペース等の都合があるにせよ,別々の設計にしてしまうとコストが嵩みそうです.

Fマウントはレバー式自動絞り、EFマウントは電磁絞り、Eマウントはフルマニュアル絞りなんでしょうね。
その駆動方式の違いが羽枚数の違いに出ているのだと思われます。
Eマウントはオープン規格ということに勘違いされている方も多いですが、仕様を手に入れるにはSONYの審査が必要です。
下記デジカメwatchのLAOWAインタビュー記事にもいずれライセンスを受けられたら~という旨の回答をしていることから、
電気の技術がSONYの求めるレベルに達していないということなのかもしれません。
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/interview/1158233.html
LAOWAの最近の伸びは目覚ましいので、近い内電子化されたレンズが出ることを期待します。

全くの想像ですが、
Fマウント:機械式自動絞りの為耐久性を担保する為に7枚
EFマウント:電子接点越しの電磁式なので自動絞りでもパーツが少なく、封入もでき防塵性能も上げられるため9枚
Eマウント:手動絞りのため自動式ほど駆動速度を担保する必要がなく、耐久性に問題がないため13枚
だと予想します

https://www.venuslens.net/product/laowa-100mm-f-2-8-2x-macro-apo/
> Automatic Aperture (Canon EF) , Aperture Coupling (Nikon)
となっているので、自動絞りの電磁絞りと機械絞りで設計を変えてる感じですかね
ソニー用はプリセット絞りだから豪勢に13枚か
何にせよ発売が楽しみですね

電子絞りがあるのがEFマウントだけなんですね。2倍マクロは珍しいので性能によっては選択肢に入る人がいるかと思います。RFマウントやZマウントでラオワのレンズが来ると面白いですね。

100mm で2倍というのは花、昆虫では凄く使いやすいですね。laowaの製品群はそれぞれ個性的で品質も良いのでこのレンズも期待できます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2019年5月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サムヤン「AF45mm F1.8 FE」の画像 [内容更新]」です。

次のブログ記事は「ニコンの2020年3月期の映像事業は12%減収の見込み」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る