パナソニックが「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 ASPH.」を正式発表

パナソニックが海外で、換算20mmスタートのm4/3用の標準ズーム「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 ASPH.」を正式に発表しました。

Leica DG Vario-Summilux 10-25mm F1.7 lens available in July

  • パナソニックがフォトキナ2018で最初にお披露目された「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 ASPH.」を発表した。
  • レンズ構成は12群17枚で、4枚のEDレンズと3枚の非球面レンズ、1枚のUHRレンズが使用されている。AFモーターはステッピングモーターが使用され、高速で静かなAFが実現されている。絞り羽根は9枚で、最短撮影距離は28cmだ。
  • このレンズは防塵防滴で非常に造りがよく、大きさ重さも予想していたほどではない。パナソニックのレンズで初めてフォーカスクラッチ機構が採用されている。
  • クリックレスの絞り機構が採用され、フォーカスブリージングを最小に抑える設計で、動画に向いた設計になっている。
  • 10-25mm F1.7の発売は7月で、価格は1799ドル。
  • LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 ASPH.のスペック
    - レンズ構成:12群17枚(ED4枚、非球面3枚、UHR1枚)
    - 絞り羽根:9枚
    - 最短撮影距離:0.28m
    - 最大撮影倍率:0.14倍
    - フォーカス方法:インナーフォーカス
    - 手ブレ補正:なし
    - 距離目盛り:あり
    - 被写界深度目盛り:なし
    - 重さ:690グラム
    - 最大径:88mm
    - 全長:128mm
    - 鏡筒の材質:マグネシウム合金
    - 防塵防滴:あり
    - フィルター径:77mm

pana_10-25f17_201905_001.jpg

これまでに無いズーム域とF値で、フォトキナの開発発表で注目を集めていた10-25mm F1.7が、正式に発表されました。仕様は噂されていた通りで、スペックの割りには比較的軽量なレンズになっているという印象です。

換算20mmスタートの標準ズームは、これまでに無いスペックで、特に風景では便利に使えそうですね。

2019年6月 1日 | コメント(10)

コメント(10)

安い!軽い!
今まで広角側に不満があった、ZD14-35F2(マウントアダプター込みで1Kg弱)と入れ替えします。このF値で35-100も開発お願いしたい。

思っていたより安いですね。
日本円換算20万弱。消費税込みで22万程度ですかね。
2.5倍ズームなら、この明るさが実現できるのでしょうか?
それとも、広角領域だからでしょうか?
25~50mmでF1.7が実現できれば、現状のパナ単焦点F1.7シリーズを置き換えられるのですが。
さすがに35~100は無理なのでは。1.5kg超えでしょう。

マイクロフォーサーズの中でも大きめのカメラですといいバランスになりそうなサイズ感ですね。G9PROと組み合わせれば便利そうです。

F2.8通しでもほしくなる画角ですね。この明るさと重さでどれほどの写りになるのか楽しみです。

12mmf1.4と25mmf1.4ついでに14mmf2.5をドナドナして買ってしまいそうな誘惑に駆られます。

するってえと、MACROとfisheye以外はLeica銘ズームで全部間に合ってしまいますが、すごい時代になりましたねえ。
そこがm4/3の強み、と訴求していけば小型軽量のフルフレーム以外のシステムカメラもまだまだ捨てたものでもないと思います。

山の撮影に魅力的なレンズですね。風景一本ならコレ、鳥獣も視野に入れるならならオリの12-100でしょうか。定番じゃないズーム域がM4/3にはあって興味を惹かれます。

テレ端25mmの写りが気になります。
25mm F1.4の代替になるかはそこにかかっているかと。

高級単焦点レンズ2本分値段と重さ。いやそれよりも下手したら軽くて安いですね。例えば別のマウントを使ってる人が、このレンズが付けたm43機を鞄に突っこんどくのは大いにアリだと思います。
こういう他にないスペックのレンズがm43生存のポイントになると思うんですけどね。

国内27万円で発売…。
海外で買った方が安そう

キタムラで20万9950円ですね。思ってたより安いかも。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年6月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックが「DC-S1H」の開発を発表」です。

次のブログ記事は「パナソニックS1Hはクーリングファンとバリアングルモニタを搭載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る