キヤノンが「RF300mm F2.8L IS USM」を2020年中に発表?

Canon Rumors に、キヤノンのEOS R用の300mm F2.8に関する噂が掲載されています。

A Canon RF 300mm f/2.8L IS USM is on the way [CR2]

  • 以前に、キヤノンが、RFマウント用の最初の超望遠レンズとしてRF500mm F4L IS USMを投入すると述べたが、2020年中にRF300mm F2.8L IS USMも発表されるとという話を聞いている。

    この噂のソースは、RF300mm F2.8L IS USMには、超望遠レンズ用の他にはない新機能が搭載されると述べているが、残念ながら、この機能を詳細は分からない。

    2020年には、RFマウント用の更に多くのプロ用レンズが登場することになると考えている。

    このソースは、キャノンがEF300mm F2.8L IS II とEF500mm F4L IS II の後継機を計画していないことも明らかにしている。

 

キヤノンはRFマウントの超望遠レンズの開発に力を入れているようで、噂されているEOS-1Dレベルのプロ用EOS Rと同時期の投入を考えているのかもしれませんね。

RF300mm F2.8に搭載されるこれまでに無い新機能が、どのようなものになるのか気になるところです。

2019年6月27日 | コメント(4)

コメント(4)

EF300mm F2.8L IS IIを愛用しています。FDレンズ時代から数世代にわたって、キヤノンを代表する大口径望遠レンズであり、1.4および2倍のテレコンを付けても、画像劣化が非常に少なく、個人的にはキヤノンレンズ群の中で最高の描写性能と思っています
Rでもアダプターで使っていますが、新機能搭載というのが楽しみです。テレコンバータ内蔵で小型軽量になるなら買い替えを検討します。

300mmF2.8は24mmF1.4、50(55)mmF1.2、85mmF1.2と並んでCanonのアイデンティティですから、今度のレンズにも大いに期待しています。
これまでに無い新機能がどんなものか、とても楽しみですね。

「他にはない」とされる新機能が気になります。先日特許が公開された1.4x/2x切替可能なテレコンバーターを内蔵する、とかでしょうか?レンズ一本、交換作業なしで300mmF2.8、420mmF4、600mmF5.6を兼用出来るのなら利便性は抜群ですね。

>キャノンがEF300mm F2.8L IS II とEF500mm F4L IS II の後継機を計画していないことも明らかにしている。

スポーツ分野の撮影によく使われるレンズですが、スポーツ分野も先に出ていたEOS-1Dのミラーレス版に置き換え可能ということでしょうかね。
EFマウントからRFへのシフトが一気に進みそうです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2019年6月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーから次に発売されるレンズは「SEL35F18F(FE35mm F1.8)」?」です。

次のブログ記事は「ニコンのこれまでのハイエンド一眼レフの予想販売数量リスト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る