ニコンが10月10日前後にZ50と交換レンズを発表?

Nikon Rumors に、ニコンの次新製品発表に関する噂が掲載されています。

Nikon announcement on October 10th

  • ニコンは2019年10月10日(地域によって1日前後する)に、新製品を発表する。次の製品の発表を予想している。

    - 新しい2本のAPS-CレンズとZ50
    - 8000ユーロから9000ユーロの価格のZ58mm f/0.95 Noct(この価格は間違っていることを望んでいる)
    - MB-N10バッテリーパック(まだ、これに関する確証はない)

    もちろん常にサプライズの余地はあるが、あったとしても、大きなものではないと思う。

 

あと1週間ほどで、噂のニコンのAPS-Cミラーレスカメラが発表されるようですね。ニコン初のAPS-Cミラーレスが、どのような仕上がりになるのか楽しみです。

Z58mm f/0.95 S も同時に発表される可能性があるようですが、価格が8000~9000ユーロと、以前の噂の6000ドルよりもかなり高くなっているのが気になるところです。

2019年10月 3日 | コメント(10)

コメント(10)

Z58mm f/0.95 S 80万円台になると勝手に予想していたのですが それ以上になるのかな?
一部で最安65万という話も聞いていたので期待していたのですが そこまですると生産が追い付かなくなってしまいますよね。
何れにせよ 楽しみです。

Z58mm f/0.95 Noct 標準域のレンズだけど80万超えもありえるのですか…まだZマウントはレンズが少ないのでもっと先に他のレンズ充実させて欲しいです。

Noctはサンニッパクラスの価格だと思っていたのですが、まさかニーニークラスとは、、。でも他に類を見ないレンズなので買わざるを得ないです。

紅葉シーズンが近づいてますし、まだ70-200mmの発表がありませんので、この段階でまとめて発表するのは十分ありえますね。
Z50が年末年始の商戦でお買い得な価格になるには、できるだけはやく市場投入しておく必要があるでしょうし。
Z50とZ6/Z7間で、レンズの完全な互換があるか興味あります。レフ機の時代はファインダー像が小さくなったりケラれてたりしてましたが、ミラーレスではそんな心配もありません。

ノクト0.95はシステムのシンボルですから製造コストなどの制約は抜きに最高のモノを目指すのが、ユーザーにも喜ばれるのではと思います。
実用大口径は50mm1.2が予定されていますから。

Z50はきっとソニーともキヤノンとも違う立ち上げスピードになるのでは、あくまでフルサイズが主役のシステムということで数量を追う戦略はとらず、従来のAPS-C主力機の投入時から比べて出荷台数がぐっと絞られるのではと推定します。

ライカのMレンズ50mm F0.95は140万円くらい。
ノクト0.95は100万円前後?
高価ですが特殊性を考えると相場かなと思います。

どんなレンズになるのか、作例など楽しみです。

ヤマ様の意見に賛同します。

レンズラインナップが競合に比べてまだまだ貧弱であることを考えると、買える人も必要な人も少ない製品よりも、多くのユーザーが恩恵を受けられるポピュラーな製品の開発・発売を優先して欲しいです。

58mm f/0.95というスペックはZマウントシステムのポテンシャルを誇示するためのレンズだとは思いますが、最初は展示会等での参考出品にとどめておいてレンズラインナップがある程度充実してからローンチする方がよかったのではないでしょうか。今年度のニコン映像事業部の業績予想を見ても昨年度からかなり落ち込んでおり、先に利益を確保できる製品が必要だったのではないのでしょうか。

しばらく情報の無かったZ58mm f/0.95 Noct
以前の情報からだいぶ発売が遅れたうえに予想価格もアップ
もしかして、AFに仕様変更していたら更なるサプライズになりそう

まぁ買えないけど

ノクトに否定的な方が多いのですが 僕は早く出して欲しいです。
自分が買うことはまずないと思いますが。
先日の情熱大陸を見ましたし
ほとんどソニーにいってる流れを一気にニコンに向けるためには
プロの方がZニッコールの凄さを写真や映像で証明してくれるのが一番だと思います。

今はユーチューバーだったりインフルエンサーだったりのおかげで 全てにおいて正当な評価がされてるとは思いません。
ここはノクトをつかって
写真を趣味とする 我々ですら見たことのない世界を見せて欲しいです
その後で 自分も手に出来ればいいなと思います。

ニコンはZマウントのシリーズに社運をかけているので
妥協した製品は出したくないんでしょう。
特にf/0.95 Noctはニコンの職人気質でまとめ上げたい思いがあるでしょうから
元々数を売る気もないでしょうし、
リリースする以上は完璧なものにしたいのだと思います。

Z50はZシリーズを広げる為に必要なラインナップの1つでしょうから
ソニーのα6400あたりをベンチマークにして
ニコンのオリジナリティを出しつつまとめてくると思います。
こちらはある程度数を出したいはずですよ。
それだけに変なものにはならないと思いたいのですが・・・。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2019年10月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニー「α9 II」の発表は10月23日?[内容更新]」です。

次のブログ記事は「ソニーが間もなくα9 II(ILCE-9M2)を発表?[内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る