シグマがEF-Mマウント用の3本の交換レンズの発売をアナウンス

シグマが、「16mm F1.4 DC DN」「30mm F1.4 DC DN」「56mmF1.4 DC DN」にキヤノンEF-Mマウント用を追加することを発表しています。

キヤノンEF-Mマウント用交換レンズ発売日決定のお知らせ

  • 株式会社シグマは、ContemporaryラインのAPS-Cサイズミラーレス用交換レンズにキヤノンEF-Mマウント用を追加し、発売する。
  • 対応マウントの追加にあたり、キヤノンEF-Mマウント用交換レンズ専用にAF駆動や通信速度の最適化といった制御アルゴリズムを開発。高速AFの実現に加え、サーボAFモード、レンズ光学補正機能にも対応している。
  • ラインアップは現在発売している「16mm F1.4 DC DN」「30mm F1.4 DC DN」「56mmF1.4 DC DN」用単焦点レンズ3本の予定。発売予定日は2019年10月18日。

 

今年の7月の山木社長のプレゼンで予告されていた3本のEF-Mマウント用レンズの発売日が正式に決定しました。EF-Mマウントには、AFのサードパーティー製レンズがなかなか登場しなかったので、シグマの参入はEOS Mユーザーには大いに歓迎されそうです。

最近登場したマウントは解析が難しいという話も出ていましたが、シグマがEF-Mマウントに対応してきたので、RFやZマウントなどのレンズも早晩登場しそうですね。

2019年10月 4日 | コメント(11)

コメント(11)

Mマウントの魅力UPですね。
お値段もホッとする優しさ。

シグマはマウントに参入すべきか否かをその後の展開含め細やかに調べ読んでいるようですから、ここに来てEOS Mマウントが対応になったという事は「EOS Mマウントはひとまず安泰!」という事では?

M200も出た事ですし、家に何本か古いEOSのレンズも有るのでEOS Mで軽いシステムを…と思えるようになってきました。

56mmは85mm相当で使いやすそうですし、純正レンズと含めて色々眺めて楽しみたいなと思います。

これらのレンズが追加されるだけで、選択肢がぐっと広がりますね。56mmはm4/3で使いましたがかなり良かったです。
個人的にはフジXマウントを期待しているんですが・・・

いいなぁ、基本仕様の無償開示しているソニーはともかく、キヤノンのAPS-Cにも対応できたんだから、Xマウント出来ないのかな。
やっぱ需要と供給の関係なのかな。

もしかしたら、「キヤノンは当面、フルサイズはRF、APS-CはEF-Mが有力」とシグマは読んだのかもしれませんね。
ただ、あくまで新規開発ではなく既存のレンズを適応させたあたり、いつでも退却も可能にしているようにも見えます。

30mmだけはキヤノンの32mmが優秀で値段もあまり変わらないのでちょっと遅きに失した感がありますが、後の2本は魅力的ですね。特に広角単はEF-Mで最も深刻なラインアップの穴と言ってもいいので、16mmはなるべく早く買いたいと思います。

やっと発売ですね。欲しかった16mmを純正では出そうにないので早速購入したいと思います。後はボディM5 mark2の登場が待ち遠しいですね。
ところでUSBドックはアダプター経由でEFのものが使えるのかな?そうだと嬉しいんだけど。

手持ちのレンズを低コストで転換できるなら、シグマにとってメリットが大きいですね。
DC DNの他のマウントのユーザーにとっても、今後の発展が期待できるので嬉しいです。

EF-Mマウントにとって単焦点レンズの充実は課題だったので、その穴をシグマさんに埋めて頂けるなら大歓迎です。個人的には、16mm F1.4がめちゃ気になります。
APS-Cは、RFよりEF-Mの方がコンパクトで取り扱いが楽なのでずっと続けて欲しいですね。シグマの参入によってもっと魅力的なマウントシステムになると思うので期待しています。

>きんたんさん
純正のEF-M→EFアダプタだと変換方向が逆なのでUSBドックには使えませんね。シグマは、複雑で使いづらい専用変換アダプタを作るくらいなら、EF-Mのユーザーにとって、シンプルで安価になるEF-M用のUSBドックを発売してくれると予想します。

EOSKissM用に16mmF1.4と56mmF1.4を購入します。
Mの世界が更に深くなります。
楽しみですね・・・・・・・。

>電脳仙人さん
USBドックの件、舞い上がってるのかご指摘受けるまで気がつきませんでした。
その通りですね。ありがとうございます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2019年10月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンのEOS R用の「70-240mm F4」「70-300mm F4.5-5.6」の特許」です。

次のブログ記事は「フォクトレンダーが「APO-LANTHAR 50mm F2」を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る