キヤノンのEOS R用の「70-240mm F4」「70-300mm F4.5-5.6」の特許

Canon Newsで、キヤノンのフルサイズミラーレス用の70-240mm F4と70-300mm F4.5-5.6の特許が紹介されています。

Canon Patent Application

  • この特許出願(USPTO20190302404)の中で、キヤノンは今年遅くに登場する70-200mm F2.8 IS USMに焦点を合わせているが、その他にも興味をそそるレンズ70-240mm F4が埋もれていた。

    キヤノンは70-200mm F4を70-240mm F4に拡張することを検討しているのだろうか?

    焦点距離: 72.10 131.78 242.00
    F値: 4.10 4.10 4.10
    半画角: 16.70 9.32 5.11
    像高: 21.64 21.64 21.64
    全長(前玉からセンサーまで): 147.22 176.39 210.90 
    バックフォーカス: 12.95 25.54 36.63

    この特許出願には、コンシューマー向けの70-300mmも含まれている。

    焦点距離: 72.10 144.31 289.00
    F値: 4.60 5.68 5.88
    半画角: 16.70 8.53 4.28
    像高: 21.64 21.64 21.64
    全長(前玉からセンサーまで): 136.41 169.48 201.14 
    バックフォーカス: 12.95 28.75 42.22

canon_patent_uspto2019032404_001.jpg

キヤノンは、RFレンズにEFレンズには無い特徴をもたせていて、RF70-200mm F2.8はEFレンズよりも大幅に小型化されましたが、小三元の望遠ズームは望遠端が長くなり70-240mm F4になるのでしょうかね。

また、70-240mm F4は、望遠端が40mmも伸びているにもかかわらず、全長もかなり短くなっているようで、このままのスペックで製品化されれば人気のレンズになりそうです。

2019年10月 4日 | コメント(7)

コメント(7)

このサイズで70-240mmF4なら絶対買います。

Canonは本当にレンズを作るのが上手い。
いいところを押さえてくる。

購買層のこと考えると
レンズ本数は絞りたいはず。

これで簡易マクロ的なことができたら
ほぼ無敵レンズになるね

以前特許申請のあった17-70mmと組み合わせたら,
2本で超広角から望遠までカバーできそうですね.
早い時点で製品化されることを期待しています.

流石キヤノンですね。
70-200という一眼レフの焦点距離の既成概念を越えて、
こういうレンズはなかなか良いと思います。

今のスマホでは攻めることができない長焦点距離は、
食われつつあるカメラの存在意義が試されるときだと思います。

ソニーもAPSーCではありますが、70-350というのを出してきましたから。
特にズームに関しては焦点に関する既成概念をブレイクしてほしいです。

こういうスペックを見ると、本当に攻めてるなーと感じてしまいます。
欲しいところをついてきますよね……
使いやすそうなボディが出てきたら、キヤノンに戻ることになるのかなぁ。

「30mm F1.4 DC DN」「56mmF1.4 DC DN」二本とKissM二台で割安で軽量ポートレイト撮影システムができるかな

めちゃくちゃコンパクトですね。
フルサイズはミラーレスになっても結局
レンズで重い重いって散々言われてるのを
払拭してくれるつもりでしょうか。
70-300 はやや暗いけど EFでもこういう
レンズが欲しかった。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2019年10月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが海外で「α9 II」を正式発表」です。

次のブログ記事は「シグマがEF-Mマウント用の3本の交換レンズの発売をアナウンス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る